新R25編集長、渡辺将基が教える「話題になるコンテンツ」とは

いきなりですが、この写真に見覚えはありませんか。

誰もが一度は名前を聞いたことのある著名人に突きつけたピンク色ふわふわマイク。

そうです。明日のライターゼミ第3期も終盤に差し掛かったところ。第10回目の講義を担当頂いた方は新R25編集長、渡辺さんです。

渡辺将基

20代ビジネスマンのバイブル『新R25』編集長。2012年、UI/UXディレクターとしてサイバーエージェントに中途入社し、多数のコミュニティサービスの品質管理に従事。2014年、プロデューサー兼編集長として『Spotlight』を立ち上げる。2017年、『R25』とのメディア統合に伴い新子会社を設立、同社取締役に就任。コンテンツづくりのモットーは、“学びをエンタメに”。(DMMオンラインサロンより

 

新R25とは「自分にモヤモヤを感じている20代のビジネスパーソンがこれからの時代を生き抜くためのバイブル」だそうです。

確かに、はじめの写真にも、知りたい欲をくすぐられる記事が並んでいますね(モテたい……)。何と言ってもこのマイクの突きつけ方が癖になります。そして、インタビュー相手がまた超大物ばかり……。

今回はそんな大人気のメディア「新R25」を元に、SNSで「話題になるコンテンツの作り方」をお話頂きました。

 

新R25の記事は三つの要素でできていた!

新R25の記事を編集する上で大事にしている三つの要素があります。「話題になる企画、話題になる取材、話題になる執筆」です。「話題になる」ことを常に意識している新R25。そこには、どんな戦略があるのでしょうか。

渡辺さん「新R25はSNSでコンテンツを流通させ、ウェブメディアとしてブランドを作る」

現在メディア業界はコンテンツプラットフォームが明らかに強いです。確かにYahoo!やスマートニュース、グノシーなど有名なプラットフォームに記事が載ると瞬く間にPV数は上がります。しかし、その記事元のメディアを意識する人は少ないようです。となると、本来多くのメディアが目指す「認知・ブランド形成」に至りにくいのがメディア業界の課題だそうです。

だからこそ、新R25はSNSを主戦場としました。SNSで広がった記事は、プラットフォームを介さず、直接記事にアクセスするため、記事元のメディアを比較的意識されやすいのです。即ち、独自のメディアブランドを築くために新R25が選んだ勝負の舞台がSNSだったのです。

では「SNSで広がる」とは。それが「話題になること」でした。新R25はSNSで話題になるポイントを駆使して出来上がったメディアと言えるのです。

ではここで、「話題になる」三つの仕掛けを少しだけ見てみましょう。

 

話題になる企画とは

渡辺さん「話題になる企画は、人の感情を刺激する企画である」

人の感情には、驚き・発見、共感・納得、感動、笑い、怒りなどがあり、このどれかを刺激することで、話題になりやすくなります。

例えば、新R25の編集方針としては、次の三つだそうです。

  • 楽しく学べるコンテンツをつくる
  • 読者の背中を押すコンテンツをつくる
  • 人の魅力を伝える

 

ここから、新R25は人の驚き・発見・笑いの感情を意識したメディアであることが分かります。ちなみに、どの感情を刺激するかでメディアの方針は変わってきます。面白いですね。

 

話題になる取材とは

渡辺さん「この取材はどうなれば成功かをイメージするのが大事」

どんな内容を聞くことができれば成功かを取材前にイメージするのだそうです。これから書く記事の内容や構成をある程度決めておいて、そこから逆算するように質問すれば、限られた時間内で質の高い取材が可能となります。

「成功イメージを取材相手と共有しても良い」と渡辺さんは言います。

渡辺さん「お互いが同じゴールに向かうことができ、その記事は共作になるんです」

確かに共作という姿勢で取り組むものになれば、相手から普段滅多に聞けないことや、新しい一面を引き出せる可能性が高くなります。

作品作りは取材から既に始まっているわけです。

 

話題になる執筆とは

もちろん執筆に関しても、話題になるためのポイントはいくつもあります。例えば、「使いどころを選ぶ」というのは、非常に重要な要素です。

渡辺さん「自分は面白いところだけしか使わない。ホップステップジャンプじゃなく、ジャンプジャンプジャンプの記事を書く。そうしてようやく最後まで読んでくれる」

渡辺さんは、記事を書く時に持つべき前提を三つ教えてくれました。その一つに「人は思っているより見てくれない」という前提があります。

この情報社会において、インターネット上には無数に記事が存在します。従って記事を最後まで読む人は本当に稀となりました。だからこそ、渡辺さんは下手な序文はいらないと言います。記事のタイトル、最初の引き込み、ビジュアルなどで様々な工夫を施さなければ、最後までは確実に読んでくれません。話題になる執筆はこうした点にも留意し書く必要があるのです。

以上、「話題になるため」のポイントをいくつかご紹介しました。これらを元に新R25の記事を改めて読んでみてください。これまでとは異なる面白さに気づくことでしょう。

 

最後に:企画に責任をもつこと

渡辺さん「企画は結局それが仕上がるのかというところまで責任をもつことが大事」

どんなに面白そうな企画でも、じゃあそれを誰がやるのか、誰に聞くのか、その人にアプローチできるのか、やってどうなると予想するのか。企画を出すなら、そこまでしっかり考える必要があります。

即ち、その企画に責任を持つことです。

行動が伴わないアイディアには価値がないのと同じです。企画を通して何を成し遂げるのか、実現可能なのか。そこが明確でなければ、その企画に価値はないのです。

新R25のコンテンツはどれも面白く、興味や驚きを伴うものばかりで、他とは一味も二味も違うメディアです。その根底には渡辺さんが今日、私たちに教えて下さった考えが浸透しているのだと心から感じました。

 

ところで、実は本記事にも渡辺さんから教えて頂いたポイントを少し盛り込んでみたのですが、お気づきでしょうか。

 

「名言のあとにドヤ顔の写真を入れる」です。

こうすることで、強調したいところを際立たせることができるわけですね。渡辺さんの写真がドヤ顔になっているかは置いといて……(もっとドヤ顔の写真をもらっておけばよかった……成功イメージミス……)

今回も明日から使えるポイント満載の講義でした。渡辺さん。ありがとうございました!

 

次回、鈴木涼美さんによる講義のテーマは「炎上せずに書きたいことを書く」です。

お楽しみに。

ABOUTこの記事をかいた人

公受裕樹

金沢大学医学部医学科卒。高校3年間で100冊以上の参考書を学ぶ。大学では教育に興味を持ち学習塾を設立。現在は、精神科医と並行し「勉強方法辞典」、「ペンペン先生」を運営。全国の学生に勉強方法を伝えるべく活動中。